4.12 信頼性の高いボリュームを作成する 二


2 使用するプールを選択する。このプールには最低でも3台の物理ディスクが含まれていなければならない。[次へ]をクリックする。

3 仮想ディスク名を指定する。今回は「RAIDdisk」とした。[次へ]をクリックする。
4 仮想ディスクのレイアウトとして[Parity]を選択する。これだけで、RAID構成のディスクが作成できる。[次へ]をクリックする。
5 「Parity」タイプでも、ブロピジョニングとして[最小限]が選択できる。[次へ]をクリックする。








関連記事:







Posted by win ser 12 at 12:35│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。